いつかどこかで出会っています

麩や銀

 

麩のパウンドケーキ

お麩のパウンドケーキ

愛知県産小麦きぬあかり使用
伝統をつなぐ、おとなのスイーツ

創業明治四十年の「麩や銀」が 愛知県産の小麦「きぬあかり」を使用した 手焼きのお麩を用いて創り上げたパウンドケーキです。

風味豊かなその味の秘密は、杉浦味淋さんの古式三河仕込み三年熟成本みりん。

三河の伝統をつなぐ職人たちの心がこもった 大人のためのこだわりのスイーツです。

パティシエ山田美加先生に監修して頂きました!

パティシエ山田美加先生

名古屋文化短期大学準教授 山田実加先生プロフィール 大学卒業後、地元ケーキ店に就職を経て渡欧。
パリの「ホテルリッツ・エスコフィエ」を始めパティスリー、ベルギーでは菓子教室を開講。
現在はお菓子を通して伝統や地方の魅力を伝える活動、子供達を中心としたキッズ・パティシエ講座などの講師を務める。

お麩のパウンドケーキ